仮審査

仮審査の後には本審査がある

キャッシングで、仮審査が通ったとしても本審査で落ちてしまった人は人数はそう多くはありませんが、一定数は存在しています。そういった人は一体どのようなことが原因となっているのかというと、申し込み内容の食い違いが原因のほとんどです。

 

仮審査はあくまでもコンピューター頼りの機械的な診断であるため、申込書に書かれていることをコンピューターはあからさまにおかしいものでない限りは信じ込んで認めてしまい、仮に詐称があったとしても審査を通過してしまうことも多々あります。

 

しかし、本審査では、人間の目がきちんとチェックを行うことになっています。あまりにも大手の業者であれば、一日に沢山来る申請者をさばくためにコンピューターの利用を本審査でも行うかもしれませんが、確実に少しは人の目を介して申込書をチェックされるところがほとんどです。

 

その際に、もし仮審査では申込書に年収を大体の額で記入したり、勤続年数をサバ読みして記入したりしていたりしていた場合にプロの業者さんから情報をチェックされたことで食い違いを発見されて本審査に落ちてしまうということが発生してしまうのです。

 

また、本審査を行っているのと同時期に他社のカードローンでキャッシングを受けたり、勤務先が倒産してしまったりといった突然のトラブルが起きてしまった場合にも審査のマイナスポイントとなってしまい本審査に落ちてしまうこともあります。しかし、1つの業者に落ちたからといってもうどこにも借りれないということは決してないのでそこは念頭に置いておきましょう。

page top